ほくろ・しみ・いぼ・そばかす・青あざ・茶あざでお困りの方へ最新のレーザー治療で治療を進めてまいります。

ほくろ・しみでお悩みの方へレーザー治療・形成外科・皮膚科・整形外科 宮城県仙台市 伊東クリニック
伊東クリニック(宮城県仙台市)診療時間/交通案内 ほくろ・しみでお悩みの方へレーザー治療・形成外科・皮膚科・整形外科 伊東クリニック(宮城県仙台市)
伊東クリニックのトップページへ 院長のご挨拶 レーザー治療の流れ レーザー治療(ほくろ・シミ・あざなど)の治療方法について 診療科目・形成外科って何? レーザー治療って?よくある質問 お問合せ

よくある質問


Q レーザー治療は痛くないですか?
Q レーザーは体に悪影響はないですか?
Q レーザー治療で出血すること等はありませんか?
Q レーザー治療の後に、きずあとが残りませんか?
Q レーザー治療の治療期間は、どのくらいかかりますか?
Q レーザー治療の費用はどのくらいかかりますか?

 Q レーザー治療は痛くないですか?

A しみ、そばかす、青あざ、茶あざなどのレーザー治療では、ちょうど指や輪ゴムではじかれるような一瞬の痛みがあります。貼るだけの麻酔のシールがありますので、それを貼ってから治療をおこなうと、痛みは非常に軽く済みます。ほくろ、いぼなどのレーザー治療の場合は少量の局所麻酔をおこないます。麻酔後は痛みは全くありません。
ページトップへ

 Q レーザーは体に悪影響はないですか?

A レーザー光線は、眼に入ると危険ですので、まぶたは閉じているかおおっておく必要があります。眼のまわりを治療するときは、コンタクトレンズのような特殊なプロテクターを用いて眼球を保護をします。それ以外には、体に悪影響はありません。肝臓や腎臓、心臓などの内臓には全く影響はありませんし、心臓のペースメーカーなどにも全く影響はありません。また、くりかえし治療を受けても、皮膚の癌になるようなこともありません。
ページトップへ

 Q レーザー治療で出血すること等はありませんか?

A レーザー光線の作用は止血効果があるため、治療後に出血することはありません。普通の場合には、翌日よりご自宅でご自分で薬を塗っていただくだけで、特に通院の必要もありません。また、洗顔や入浴についても、通常の場合は当日より可能となります。傷の状態によっては、ガーゼやカットバンなどを貼っていただくことがあります。
ページトップへ

 Q レーザー治療の後に、きずあとが残りませんか?

A しみ、そばかす、青あざ、茶あざなどでは、瘢痕(はんこん)はほとんど残りません。ほくろや黒あざの場合には、部位と深さによっては軽い瘢痕になる場合がありますが、当院では、できるだけ瘢痕を残さないように、少しづつ治療を進めてゆく方法をおすすめしています。また一般的に、レーザー治療の後には、しみのような色素沈着をおこす可能性があります。色素沈着を予防し、あとができるだけきれいになるためには、日焼け止めを塗るなどのアフターケアが必要になります。当院ではレーザー治療の後、アフターケアについて詳しくお話しし、十分フォローアップをしていきます。
ページトップへ

 Q レーザー治療の治療期間は、どのくらいかかりますか?

A 疾患によって異なります。さらに、広さ、部位、深さによって変わってきます。小さなほくろのように1回の治療で終わるものもありますが、太田母斑や黒あざなどのように、最低でも数回は必要なものもあります。治療効果が徐々に現れてくるものは、途中で中止せずに、ある程度の長期治療を覚悟しなければいけません。担当医とよくご相談の上、治療をお始め下さい。
ページトップへ

 Q レーザー治療の費用はどのくらいかかりますか?

A 太田母斑、扁平母斑、異所性蒙古斑などは健康保険が適応になりました。ただし適応となる限度が決められており、健康保険の適応を越えるものに対しては、自費での治療が必要になる場合もあります。ほくろ、いぼについては、種類により健康保険が適応になるものとならないものがあります。自費での治療については、費用は疾患や大きさによって異なりますので担当医にご相談下さい。
ページトップへ
トップご挨拶レーザー治療(治療の流れ)レーザー治療(治療方法)診療科目よくある質問お問合せ診療時間と交通案内
(C)2005-2012 Ito Clinic. All rights reserved.